2014年12月7日日曜日

Oracle VM Server と OpenStack。

今日は、JPOUG Advent Calendar 2014 の7日目のエントリです。
昨日は kouta shiobara さんの Trying Database: optimizer_dynamic_sampling=11 でした。


今回は、最近提供開始された、
ORACLE の OpenStack ディストリビューションの話です。
Oracle VM Server for x86 も、OpenStack で管理できるようになります。

Oracle OpenStack for Oracle Linux
http://www.oracle.com/us/technologies/linux/openstack/overview/index.html


OpenStack にするとどうなるのか?

そもそも、Oracle VM Server 自体は、割と普通な Xen ハイパーバイザであり、
「Oracle VM」としては、Oracle VM Manager から管理することにより
Oracle VM 的な世界観(たとえばサーバプールとか)で Xen を使用するようになっていました。


今までも Xen コマンド(xm ~、xl ~など)での直接操作はできましたが、
製品の設計思想的には Oracle VM Manager(Oracle VM Manager) は必須でした・・・

一方、OpenStack と組み合わせる場合は、
OpenStack から Oracle VM Manager を介した管理をするわけではなく、
直接 Oracle VM Server を管理します。
これまでの「Oracle VM」的な世界観がなくなり、OpenStack の世界観に変わると考えられます。
別のパターンとして、VMware vSphere の場合は OpenStack で ESXi ハイパーバイザ管理する場合も
必ず vCenter Server を経由するようにしています。



他にも Oracle VM Manager 管理と OpenStack 管理との大きな違いとして、
KVM(たとえば Oracle Linux の KVM)も管理可能なようです。(まだ試してませんが・・・)


そして、Oracle OpenStack for Oracle Linux はじめました。

ORACLE 版 OpenStack は、Packstack (他のディストリビューション同様・・・)を使用することで
割と簡単に環境構築できます。
インストールや packstack コマンド処理中に、下記の Yum リポジトリを参照します。

今回は構築手順を省略しますが、このドキュメントが参考になると思います。
Oracle OpenStack for Oracle Linux Release 1.0Installation and User's Guide
http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/openstack/linux/documentation/oracle-openstack-user-guide-2296176.pdf
OpenStack 環境は、Horizon Dashboard(Web UI) から操作できます。
admin ユーザのパスワードはセットアップ中に自動生成されます。
パスワードは、Control Node の /root/keystonerc_admin ファイルを見るとわかります。



Web UI は、日本語でも表示できます。



Oracle VM Server は、2台登録しました。
ハイパーバイザの種別は、「Xen」になります。



VM (インスタンス)を起動してみました。
※今回は、事前に手作業で VM のイメージを登録してあります。



OpenStack の CLI (nova コマンド)では下記のように見えます。
[root@osctlr1 ~]# cat /etc/oracle-release
Oracle Linux Server release 6.5
[root@osctlr1 ~]# source /root/keystonerc_admin
[root@osctlr1 ~(keystone_admin)]# nova list
+--------------------------------------+------+--------+------------+-------------+---------------------+
| ID                                   | Name | Status | Task State | Power State | Networks            |
+--------------------------------------+------+--------+------------+-------------+---------------------+
| 09dec348-ead2-44c8-8528-92bb5ea76aa1 | vm01 | ACTIVE | -          | Running     | nw-103=192.168.0.33 |
| 9d619aa0-2315-459c-93b6-561f74377d39 | vm02 | ACTIVE | -          | Running     | nw-103=192.168.0.34 |
+--------------------------------------+------+--------+------------+-------------+---------------------+
見栄えがわるいので、一部だけ表示してみました。
[root@osctlr1 ~(keystone_admin)]# nova list | awk -F\| '{print $2,$3,$4,$6}' | grep -v ^+

 ID                                     Name   Status   Power State

 09dec348-ead2-44c8-8528-92bb5ea76aa1   vm01   ACTIVE   Running
 9d619aa0-2315-459c-93b6-561f74377d39   vm02   ACTIVE   Running

そして、Oracle VM Server 側では以下のように見えます。
2台の Oracle VM Server で、内部的には別の VM 名で起動されています。

1台目
[root@ovms331-1 ~]# cat /etc/ovs-release
Oracle VM server release 3.3.1
[root@ovms331-1 ~]# xm list
Name                                        ID   Mem VCPUs      State   Time(s)
Domain-0                                     0   855     2     r-----   4404.7
instance-00000004                            3   512     1     -b----      3.6

2台目
[root@ovms331-2 ~]# cat /etc/ovs-release
Oracle VM server release 3.3.1
[root@ovms331-2 ~]# xm list
Name                                        ID   Mem VCPUs      State   Time(s)
Domain-0                                     0   855     2     r-----   4608.7
instance-00000005                            3  2048     1     -b----    308.5

ためしにセットアップしてみたところ、Oracle VM Manager 無しでも
Oracle VM Server の設定から VM 作成までできました。
ただ、VM のイメージ作成などは、引き続き 悩ましい気がします。
そのうち、もうすこし OpenStack っぽいことをしてみたいと思います。


以上、ORACLE の OpenStack についてでした。
明日は、wmo6hash さんです。よろしくお願いします。

JPOUG Advent Calendar 2014
http://jpoug.doorkeeper.jp/events/17313


0 件のコメント:

コメントを投稿