2013年4月26日金曜日

Oracle VM CLI のコマンド実行で余分な情報表示を抑止する方法

Oracle VM CLI でコマンド実行をすると、デフォルトでは
実行結果だけでなく、コマンドライン、ステータス、実行時間 が表示されます。

これは、「outputMode」に「Sparse」を指定することで抑止することができます。
OVM> set outputMode=?
                    OutputMode="[Verbose|Sparse|Xml]"
                    EndlineChars="[CRLF|CR|LF]"

デフォルト状態でのコマンド実行結果は、下記のように表示されます
※例として show vm コマンドで vm01 というVMの情報を見てみます。
OVM> show vm name=vm01
Command: show vm name=vm01
Status: Success
Time: 2013-04-23 08:56:16,950 JST

Data:
  Name = vm01
  Id = 0004fb00000600001e52345b53095ef8
  Status = Stopped
  Memory (MB) = 256
  Max. Memory (MB) = 256
  Max. Processors = 1
  Processors = 1
  Priority = 50
  Processor Cap = 100
  High Availability = No
  Operating System = None
  Mouse Type = Default
  Domain Type = Xen PVM
  Keymap = ja
  Server = 00:04:fb:00:00:06:00:00:4c:99:5b:54:66:7d:00:05  [ovs321-1]
  Repository = 0004fb0000030000ea10936ed4b4ff59  [repo_nfs_236]
  Vnic 1 = 0004fb0000070000f5a6fe4ae55d161a  [00:21:f6:00:00:1e]
  VmDiskMapping 1 = 0004fb000013000036ddd38f10deb760  [vm01-vdiskmap1]

outputMode を変更したら、余分な情報表示が抑止されました。
OVM> set outputMode=Sparse
OVM> show vm name=vm01
  Name = vm01
  Id = 0004fb00000600001e52345b53095ef8
  Status = Running
  Memory (MB) = 256
  Max. Memory (MB) = 256
  Max. Processors = 1
  Processors = 1
  Priority = 50
  Processor Cap = 100
  High Availability = No
  Operating System = None
  Mouse Type = Default
  Domain Type = Xen PVM
  Keymap = ja
  Network Boot Path = http://192.168.0.239/media/oel59_64/
  Boot Order 1 = PXE
  Server = 00:04:fb:00:00:06:00:00:4c:99:5b:54:66:7d:00:05  [ovs321-1]
  Repository = 0004fb0000030000ea10936ed4b4ff59  [repo_nfs_236]
  Vnic 1 = 0004fb0000070000f5a6fe4ae55d161a  [00:21:f6:00:00:1e]
  VmDiskMapping 1 = 0004fb000013000036ddd38f10deb760  [vm01-vdiskmap1]

コマンドを実行する際にエラーがあった場合、
エラーメッセージはちゃんと表示されます。
下記の例では、存在しない「vm02」の情報を見ようとしたせいで
エラーが表示されました。
OVM> addAvailableVnic vm name=vm02
java.lang.Exception: Couldn't find a Vm object with the identifier of vm02.

ちなみに、set outputMode コマンドで設定変更しても、
Oracle VM CLI にログインしなおすとリセットされます。

以上、Oracle VM CLI の表示結果についてでした。

2013年4月24日水曜日

Oracle VM CLI の監査ログにはコマンドラインが残る。

今回は、Oracle VM CLI の監査ログについてです。

Oracle VM CLI でコマンドを実行すると、
Oracle VM Manager上の、監査ログファイルに記録されます。

Oracle VM CLI の監査ログファイル「CLIAudit.log」は下記にあります。
/u01/app/oracle/ovm-manager-3/machine1/base_adf_domain/servers/AdminServer/logs/CLIAudit.log

ログには、下記の項目が記録されます。
  • タイムスタンプ
  • 接続元のIPアドレスとポート(Client Address)
  • 接続したOVMユーザ(Username)
  • 実行したコマンドライン(Command)

実際のログファイルには、下記のように記録されます。
[root@ovmm31 ~]# cat /u01/app/oracle/ovm-manager-3/machine1/base_adf_domain/servers/AdminServer/logs/CLIAudit.log
[2013-03-24 07:51:28,711 JST] Client Address=/192.168.0.2:51568; Username=admin; Command=list server
[2013-03-24 07:51:34,350 JST] Client Address=/192.168.0.2:51568; Username=admin; Command=list serverpool
[2013-03-24 07:54:03,270 JST] Client Address=/192.168.0.2:51568; Username=admin; Command=show vm name=oel59-base01
[2013-03-24 07:58:23,887 JST] Client Address=/192.168.0.2:51568; Username=admin; Command=show fileserver name=nfs_oel_236
・・・
[2013-04-20 23:22:03,135 JST] Client Address=/127.0.0.1:47871; Username=admin; Command=create vm domainType=XEN_PVM name=vm01 repository=repo_nfs_236 on ServerPool name=pool_cluster1

アクセス元やユーザだけでなく、実行したコマンドラインがオプション付きで記録されているため
以前に実行したコマンドを忘れてしまったときに重宝しそうです。
list、showといった参照コマンドや、create、add、delete、edit といったコマンドが記録されます。

ただし、記録されないケースもあります。
  • 「?」を入力してヘルプを見ても、記録されません。
  • オプションが不十分で実行されなかったコマンドは、記録されません。
  • 構文エラーで実行できなかったコマンドや、実行時にエラーになったコマンドも記録されません。

たとえば・・・

実行時にエラーとなったコマンド(下記の例はMACアドレス重複によりVNIC作成失敗)
は記録されませんでした。
OVM> create vnic name=00:21:f6:00:00:1d
Command: create vnic name=00:21:f6:00:00:1d
Status: Failure
Time: 2013-04-22 23:51:16,084 JST
Error Msg: com.oracle.ovm.mgr.api.exception.IllegalOperationException: OVMAPI_8013E VNIC cannot be created with MAC address 00:21:f6:00:00:1d as one already exists. [Mon Apr 22 23:51:15 JST 2013]

オプション不足でコマンドが実行できないケースも記録されませんでした。
OVM> create vm name=vm02  - Missing the required attrs: domainType repository

実際に処理が実行され、情報取得や、設定変更ができたコマンドのみが
監査ログに記録されているようです。

以上、Oracle VM CLI の監査ログの話でした。

2013年4月23日火曜日

Oracle VM CLI で VMにVNICを接続

今回はOracle VM CLI で、VM に仮想NIC(VNIC)を接続してみます。

まず、これからVNICを接続するVMはこちらです。
OVM> show vm name=vm01
Command: show vm name=vm01
Status: Success
Time: 2013-04-23 08:55:22,361 JST
Data:
  Name = vm01
  Id = 0004fb00000600001e52345b53095ef8
  Status = Stopped
  Memory (MB) = 256
  Max. Memory (MB) = 256
  Max. Processors = 1
  Processors = 1
  Priority = 50
  Processor Cap = 100
  High Availability = No
  Operating System = None
  Mouse Type = Default
  Domain Type = Xen PVM
  Keymap = ja
  Server = 00:04:fb:00:00:06:00:00:4c:99:5b:54:66:7d:00:05  [ovs321-1]
  Repository = 0004fb0000030000ea10936ed4b4ff59  [repo_nfs_236]
  VmDiskMapping 1 = 0004fb000013000036ddd38f10deb760  [vm01-vdiskmap1]

それでは、VMにVNICを接続します。
「addAvailableVnic」を実行すると、とくにMACアドレスなどを指定しなくてもVNICを接続できます。
処理が成功すると、接続されたVNICの名前(MACアドレス)が表示されます。
OVM> addAvailableVnic vm name=vm01
Command: addAvailableVnic vm name=vm01
Status: Success
Time: 2013-04-23 08:55:37,743 JST
Data:
  id:0004fb0000070000f5a6fe4ae55d161a  name:00:21:f6:00:00:1e

MACアドレスをもとに、VNICの設定情報をみると、
VM「vm01」に接続されたことが確認できます。
OVM> show vnic name=00:21:f6:00:00:1e
Command: show vnic name=00:21:f6:00:00:1e
Status: Success
Time: 2013-04-23 08:55:54,364 JST
Data:
  Name = 00:21:f6:00:00:1e
  Id = 0004fb0000070000f5a6fe4ae55d161a
  Mac Address = 00:21:f6:00:00:1e
  Vm Id = 0004fb00000600001e52345b53095ef8  [vm01]

VMの設定を見ると、VNICが接続されたことが確認できます。
OVM> show vm name=vm01
Command: show vm name=vm01
Status: Success
Time: 2013-04-23 08:56:16,950 JST
Data:
  Name = vm01
  Id = 0004fb00000600001e52345b53095ef8
  Status = Stopped
  Memory (MB) = 256
  Max. Memory (MB) = 256
  Max. Processors = 1
  Processors = 1
  Priority = 50
  Processor Cap = 100
  High Availability = No
  Operating System = None
  Mouse Type = Default
  Domain Type = Xen PVM
  Keymap = ja
  Server = 00:04:fb:00:00:06:00:00:4c:99:5b:54:66:7d:00:05  [ovs321-1]
  Repository = 0004fb0000030000ea10936ed4b4ff59  [repo_nfs_236]
  Vnic 1 = 0004fb0000070000f5a6fe4ae55d161a  [00:21:f6:00:00:1e]
  VmDiskMapping 1 = 0004fb000013000036ddd38f10deb760  [vm01-vdiskmap1]

この状態では、まだVNICが仮想ネットワーク(仮想スイッチ)に接続されていないため、
既にOracle VM Managerで作成してあった 「VLAN-0004」 という仮想ネットワークに接続してみます。

接続する前に、VLAN-0004 の設定情報を見ておきます。
OVM> show network name=VLAN-0004
Command: show network name=VLAN-0004
Status: Success
Time: 2013-04-23 08:58:00,645 JST
Data:
  Name = VLAN-0004
  Id = 1057f51ffe
  Role 1 = Virtual Machine
  Vnic 1 = 0004fb0000070000510fd4ec8bf73be0  [Template Vnic]
  Vnic 2 = 0004fb00000700004719af260ffcc5c5  [00:21:f6:00:00:1c]
  Vnic 3 = 0004fb0000070000e03b1088e018f6a3  [00:21:f6:00:00:1a]
  Vnic 4 = 0004fb0000070000064e84740d4d9197  [00:21:f6:00:00:19]
  Vlan Segment = network.VlanSegment (4) in VLAN-Gr-0004-0010

そして、VNICを仮想ネットワークに接続します。
OVM> edit vnic name=00:21:f6:00:00:1e network=VLAN-0004
Command: edit vnic name=00:21:f6:00:00:1e network=VLAN-0004
Status: Success
Time: 2013-04-23 08:58:28,509 JST

VNICの設定情報をみると、仮想ネットワークに接続されたことが確認できます。
OVM> show vnic name=00:21:f6:00:00:1e
Command: show vnic name=00:21:f6:00:00:1e
Status: Success
Time: 2013-04-23 08:59:12,057 JST
Data:
  Name = 00:21:f6:00:00:1e
  Id = 0004fb0000070000f5a6fe4ae55d161a
  Mac Address = 00:21:f6:00:00:1e
  Vm Id = 0004fb00000600001e52345b53095ef8  [vm01]
  Network Id = 1057f51ffe  [VLAN-0004]

仮想ネットワークの情報をみると、VNICが接続されたことが確認できます。
OVM> show network name=VLAN-0004
Command: show network name=VLAN-0004
Status: Success
Time: 2013-04-23 08:59:23,735 JST
Data:
  Name = VLAN-0004
  Id = 1057f51ffe
  Role 1 = Virtual Machine
  Vnic 1 = 0004fb0000070000510fd4ec8bf73be0  [Template Vnic]
  Vnic 2 = 0004fb00000700004719af260ffcc5c5  [00:21:f6:00:00:1c]
  Vnic 3 = 0004fb0000070000e03b1088e018f6a3  [00:21:f6:00:00:1a]
  Vnic 4 = 0004fb0000070000064e84740d4d9197  [00:21:f6:00:00:19]
  Vnic 5 = 0004fb0000070000f5a6fe4ae55d161a  [00:21:f6:00:00:1e]
  Vlan Segment = network.VlanSegment (4) in VLAN-Gr-0004-0010

これで、VMがネットワークに接続されます。


ちなみに、VNICはあらかじめ作成しておき、VMや仮想ネットワークに接続します。
下記のように、たりなくなった場合は、「create vnic」 で追加作成します。
OVM> addAvailableVnic vm name=vm01
Command: addAvailableVnic vm name=vm01
Status: Failure
Time: 2013-04-22 23:46:45,585 JST
Error Msg: com.oracle.ovm.mgr.api.exception.IllegalOperationException: OVMAPI_8004E There are no more VNICs available. Create More MAC Addresses. [Mon Apr 22 23:46:45 JST 2013]

以上、VMにVNICを接続する話でした。

2013年4月22日月曜日

Oracle VM CLI でVNIC作成

今回は、Oracle VM CLI で仮想NICを作成してみます。
Oracle VM では、VM とは別に 仮想NIC(VNIC)を作成して、あとからVMに追加します。

VNICの作成

VNICを作成するときは、VNIC名(name)が必須です。
VNIC名には、MACアドレスを指定します。
OVM> create vnic ?
                 *name
                 description
                 network

VNICを作成します。
OVM> create vnic name=00:21:f6:00:00:1e
Command: create vnic name=00:21:f6:00:00:1e
Status: Success
Time: 2013-04-22 23:51:24,583 JST
Data:
  id:0004fb0000070000f5a6fe4ae55d161a  name:00:21:f6:00:00:1e

作成したVNICを確認してみます。
このVNICはまだ、どのVMにも接続されていません。
OVM> show vnic name=00:21:f6:00:00:1e
Command: show vnic name=00:21:f6:00:00:1e
Status: Success
Time: 2013-04-22 23:52:00,123 JST
Data:
  Name = 00:21:f6:00:00:1e
  Id = 0004fb0000070000f5a6fe4ae55d161a
  Mac Address = 00:21:f6:00:00:1e

ちなみに、まちがえて既に存在するVNICのMACアドレスを指定してしまった場合は
エラーになります。
OVM> create vnic name=00:21:f6:00:00:1d
Command: create vnic name=00:21:f6:00:00:1d
Status: Failure
Time: 2013-04-22 23:51:16,084 JST
Error Msg: com.oracle.ovm.mgr.api.exception.IllegalOperationException: OVMAPI_8013E VNIC cannot be created with MAC address 00:21:f6:00:00:1d as one already exists. [Mon Apr 22 23:51:15 JST 2013]

今回はCLIで作成してみましたが、VNICの作成は、Oracle VM Manager から実施したほうが
空いているMACアドレスを探す必要がないので簡単だと思います。

以上、VNICを作成する話でした。

2013年4月21日日曜日

Oracle VM CLI で仮想ディスク作成

今回は、Oracle VM CLI で仮想ディスクを作成して、VM に接続してみます。
まず仮想ディスクを作成したうえで、VMへのマッピング(create vmdiskMapping)をします。

1. 仮想ディスクの作成


仮想ディスクの作成をします。

パラメータとして、仮想ディスク名、容量(GB単位)、スパースファイルかどうか、
作成先の記憶域リポジトリ を指定します。
OVM> create virtualDisk ?
                        *name
                        *size
                        *sparse
                        description
                        shareable
                        *on

「on」には、記憶域リポジトリを指定できます。
OVM> create virtualDisk on ?
                           Repository
OVM> create virtualDisk on repository ?
                                      id=<parent object identifier> OR
                                      name=<parent object name>

「sparse」 には、スパースファイルにするかどうかを、yes/no で指定できます。

仮想ディスクをスパースファイルにすると、使用した実容量だけ確保されるようになり
記憶域リポジトリの容量を節約できます。
OVM> create virtualDisk sparse=?
                               yes,no

下記のパラメータで、仮想ディスクを作成します。
  • 仮想ディスク名: vm01.img
  • 容量(GB単位): 2GB
  • スパースファイルとして作成する
  • 作成先の記憶域リポジトリ: repo_nfs_236
OVM> create virtualDisk name=vm01.img size=2 sparse=yes on repository name=repo_nfs_236
Command: create virtualDisk name=vm01.img size=2 sparse=yes on repository name=repo_nfs_236
Status: Success
Time: 2013-04-21 22:33:19,360 JST
Data:
  id:0004fb0000120000b1665cf81d03367b.img  name:vm01.img

※注意(失敗例)
このとき、リポジトリよりも大きいサイズ(2048GB)を指定したらエラーになりました。
「size」の指定は、GB単位です。
OVM> create virtualDisk name=vm01.img size=2048 sparse=yes on repository name=repo_nfs_236
Command: create virtualDisk name=vm01.img size=2048 sparse=yes on repository name=repo_nfs_236
Status: Failure
Time: 2013-04-21 22:27:22,180 JST
Error Msg: com.oracle.ovm.mgr.api.exception.JobFailureException: OVMAPI_6000E Internal Error: com.oracle.ovm.mgr.api.exception.JobFailureException: OVMAPI_5001E Job: 1,366,550,836,358/Create/Create VirtualDisk ., failed. The job has a Job Failure Event: 1,366,...

作成した仮想ディスクを確認します。
この時点では、まだVMには接続されていません。

OVM> show virtualdisk name=vm01.img
Command: show virtualdisk name=vm01.img
Status: Success
Time: 2013-04-21 22:37:12,870 JST
Data:
  Name = vm01.img
  Id = 0004fb0000120000b1665cf81d03367b.img
  Max (GiB) = 2.0
  Used (GiB) = 0.0
  Shareable = No
  Repository Id = 0004fb0000030000ea10936ed4b4ff59  [repo_nfs_236] 

2. 仮想マシンへの接続

仮想ディスクを、VMに接続します。
※「storageDevice」を指定しないと、VMで仮想CDドライブとして認識してしまうので注意。

OVM> create vmdiskMapping ?
                          *name
                          *slot
                          description
                          storageDevice
                          *on
                          Rule(s): StorageDevice value must be a VirtualDisk, VirtualCdrom or PhysicalDisk id/name. If StorageDevice isn't set, Empty Cdrom will be used.

今回は、接続(vmdiskMapping)自体も名前をもつので、「vm01-vdiskmap1」としました。
Oracle VM Managerから化仮想ディスク接続をした場合は、この名前はUUIDになります。
「vm01」というVMに、「vm01.img」という仮想ディスクを接続します。

OVM> create vmdiskMapping slot=0 storageDevice=vm01.img name=vm01-vdiskmap1 on vm name=vm01
Command: create vmdiskMapping slot=0 storageDevice=vm01.img name=vm01-vdiskmap1 on vm name=vm01
Status: Success
Time: 2013-04-21 22:55:32,819 JST
Data:
  id:0004fb000013000036ddd38f10deb760  name:vm01-vdiskmap1

仮想ディスクのVMへのマッピング(vmdiskMapping)を確認します。
OVM> show vmdiskMapping name=vm01-vdiskmap1
Command: show vmdiskMapping name=vm01-vdiskmap1
Status: Success
Time: 2013-04-21 22:56:16,020 JST
Data:
  Name = vm01-vdiskmap1
  Id = 0004fb000013000036ddd38f10deb760
  Slot = 0
  Emulated Block Device = No
  Virtual Disk Id = 0004fb0000120000b1665cf81d03367b.img  [vm01.img]
  Vm Id = 0004fb00000600001e52345b53095ef8  [vm01]

show vm でも、VMに仮想ディスクが接続されたことが確認できます。
OVM> show vm name=vm01
Command: show vm name=vm01
Status: Success
Time: 2013-04-21 22:56:27,000 JST
Data:
  Name = vm01
  Id = 0004fb00000600001e52345b53095ef8
  Status = Stopped
  Memory (MB) = 256
  Max. Memory (MB) = 256
  Max. Processors = 1
  Processors = 1
  Priority = 50
  Processor Cap = 100
  High Availability = No
  Operating System = None
  Mouse Type = Default
  Domain Type = Xen PVM
  Keymap = ja
  Server = 00:04:fb:00:00:06:00:00:4c:99:5b:54:66:7d:00:05  [ovs321-1]
  Repository = 0004fb0000030000ea10936ed4b4ff59  [repo_nfs_236]
  VmDiskMapping 1 = 0004fb000013000036ddd38f10deb760  [vm01-vdiskmap1]

Oacle VM Manager でも、VMに仮想ディスクが接続されたことが確認できます。





以上、Oracle VM CLIでの仮想ディスク作成でした。


2013年4月20日土曜日

Oracle VM CLI でVM作成

少し間が空いてしまいましたが、前回に引き続きOracleVM CLIを使ってみます。
今回は、デフォルト設定で(必須のパラメータだけを指定して)VMを作成してみます。

1. OracleVM CLI へのアクセス

SSHで、CLI にアクセスします。
今回は Oracle VM Manager自身から、localhost を指定して接続します。
[root@ovmm31 ~]# ssh -p 10000 -l admin localhost
admin@localhost's password: ★パスワードを入力
OVM> 
バージョンは、3.2.1 です。
OVM> showversion
3.2.1.516

2. VMの作成

何も指定しない(create vm だけ入力してEnterキー)と、
必要な属性が指定されていないことを示すメッセージが出ます。
OVM> create vm - Missing the required attrs: domainType repository name

ヘルプを見ると、必須パラメータ(*印のもの)がわかります。
OVM> create vm ?
               *domainType
               *name
               *repository
               bootOrder
               cpuCount
               cpuCountLimit
               cpuPriority
               cpuUtilizationCap
               description
               highAvailability
               keymapName
               memory
               memoryLimit
               mouseType
               networkBootPath
               osType
               *on

コマンドラインを途中まで入力しで「?」を入力すると、
そのあとに指定できるパラメータが表示されます。

たとえば、「domainType」 には、
XEN_HVM、XEN_HVM_PV_DRIVERS、XEN_PVM、LDOMS_PVM、UNKNOWN
のどれかを指定します。
OVM> create Vm domainType=?
                          XEN_HVM,XEN_HVM_PV_DRIVERS,XEN_PVM,LDOMS_PVM,UNKNOWN

「on」 のあとには、Server か ServerPool を指定します。
サーバ名、サーバプール名は、ID/名前どちらでもOKです。
OVM> create vm on ?
                  Server
                  ServerPool
OVM> create vm on server ?
                         id=<parent object identifier> OR
                         name=<parent object name>
OVM> create vm on serverpool ?
                             id=<parent object identifier> OR
                             name=<parent object name>

パラメータとして指定するリポジトリ名やサーバプール名は
下記のように list コマンドで確認できます。

記憶域リポジトリを一覧表示
OVM> list repository
Command: list repository
Status: Success
Time: 2013-04-20 23:17:57,803 JST
Data:
  id:0004fb00000300005d636797dbfa991c  name:repo_nfs_237_S
  id:0004fb0000030000ea10936ed4b4ff59  name:repo_nfs_236
  id:0004fb0000030000cb5f6d6c030152f1  name:repo_localdisk_242
  id:0004fb0000030000d6ef48b2848a5812  name:repo_nfs_237_L

サーバプールを一覧表示
OVM> list serverpool
Command: list serverpool
Status: Success
Time: 2013-04-20 23:20:46,610 JST
Data:
  id:0004fb0000020000fb19a4f4e75671c3  name:pool_single
  id:0004fb00000200005ddc2d37513d34ff  name:pool_cluster1
  id:0004fb00000200004688079048328505  name:pool_cluster2

それでは、VM を作成します。
  • VM(ドメイン)の種類: 準仮想化(XEN_PVM)
  • VM名: vm01
  • 記憶域リポジトリ: repo_nfs_236 ※ここにVMの構成ファイル(vm.cfg)が配置される。
  • 作成先: pool_cluster1 というサーバプール
OVM> create vm domainType=XEN_PVM name=vm01 repository=repo_nfs_236 on ServerPool name=pool_cluster1
Command: create vm domainType=XEN_PVM name=vm01 repository=repo_nfs_236 on ServerPool name=pool_cluster1
Status: Success
Time: 2013-04-20 23:22:03,135 JST
Data:
  id:0004fb00000600001e52345b53095ef8  name:vm01
OVM> 


3. 作成したVMの情報表示


VCPUや仮想メモリは、最小サイズが指定されました。
OVM> show vm name=vm01
Command: show vm name=vm01
Status: Success
Time: 2013-04-20 23:27:41,714 JST
Data:
  Name = vm01
  Id = 0004fb00000600001e52345b53095ef8
  Status = Stopped
  Memory (MB) = 256
  Max. Memory (MB) = 256
  Max. Processors = 1
  Processors = 1
  Priority = 50
  Processor Cap = 100
  High Availability = No
  Operating System = None
  Mouse Type = Default
  Domain Type = Xen PVM
  Keymap = ja
  Server = 00:04:fb:00:00:06:00:00:4c:99:5b:54:66:7d:00:05  [ovs321-1]
  Repository = 0004fb0000030000ea10936ed4b4ff59  [repo_nfs_236]
OVM>

Oracle VM ManagerにもVMが表示されます。



ただし、必須パラメータを指定しただけでは、
仮想NICは接続されません。



仮想ディスクも接続されません。



以上、Oracle VM CLI でVMを作成する話でした。
仮想NICと仮想ディスクの接続は、またあとで。