2013年3月30日土曜日

Oracle VM CLI にアクセスしてみる。

Oracle VM Manager 3.2.1(OVMM) から、
Oracle VM Command Line Interface(OracleVM CLI)が
使用できるようになりました。
これは、OVMM に SSHで接続することで使用できます。
  • アクセスするときのアドレス(ホスト名/IPアドレス)はOVMMのもの。
  • デフォルトのポート番号は、TCPの10000番。
  • ユーザ/パスワードは、OVMMのもの(adminなど)でログインする。
    Linuxのユーザアカウントではない。
下記の例では、あらかじめOVMMにSSHでアクセスしたうえで
OVMM自身の OracleVM CLI に sshログインしています。
[root@ovmm31 ~]# ssh -p 10000 -l admin localhost
The authenticity of host 'localhost (127.0.0.1)' can't be established.
DSA key fingerprint is ea:67:37:9d:f2:20:ef:d9:75:44:66:8c:90:56:8c:ad.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added 'localhost' (DSA) to the list of known hosts.
admin@localhost's password:  ★パスワードを入力
OVM>
OVM> ?  ★ヘルプを見てみました。
     add
     create
     delete
     edit
     exit
     help
     list
     remove
     set
     show
     showallcustomcmds
     showcustomcmds
     showobjtypes
     showversion
OVM>

プロンプトは「OVM>」です。
「?」キーでヘルプを見ることができます。(CiscoのIOSのような感じ)
履歴機能(↑キーと↓キー)、Tabによるコマンド補完もできます。

たとえば、list コマンドでは、OVMMで管理しているもの(VMやストレージなど)の
リスト(一覧)を見ることができます。

ためしに、NFSサーバの一覧を見てみます。
OVM> list FileServer
Command: list FileServer
Status: Success
Time: 2013-03-30 23:52:10,295 JST
Data:
  id:0004fb0000090000d78b2ff744bd0fa0  name:nfs_oel_236
  id:0004fb00000900000912de5ffba60ea5  name:nfs_oel_237

一方、show コマンドでは、listで表示されるものの詳細な情報を見ることができます。
ためしに、NFSサーバ「nfs_oel_237」 をshow で見てみます。
OVM> show FileServer name=nfs_oel_237
Command: show FileServer name=nfs_oel_237
Status: Success
Time: 2013-03-30 23:52:59,998 JST
Data:
  Name = nfs_oel_237
  Id = 0004fb00000900000912de5ffba60ea5
  Storage Plug-in = Oracle Generic Network File System
  Admin Server 1 = 44:45:4c:4c:58:00:10:46:80:42:ca:c0:4f:51:42:58  [ovs2]
  UniformedExports = Yes
  NFS Refresh Server 1 = 00:04:fb:00:00:06:00:00:4c:99:5b:54:66:7d:00:05  [ovs321-1]
  NFS Refresh Server 2 = 00:04:fb:00:00:06:00:00:a5:65:18:eb:94:97:96:f8  [ovs321-2]
  NFS Refresh Server 3 = 00:04:fb:00:00:06:00:00:f6:c4:d0:45:9c:0d:08:5f  [ovs321-3]
  NFS Refresh Server 4 = 00:04:fb:00:00:06:00:00:55:b6:f6:fe:47:e6:a8:c9  [ovs321-4]
  FileSystem 1 = 2e004700-fa52-4c2c-a154-2c37dafe13c1  [nfs:/nfs/vol3/share1]
  FileSystem 2 = 3939e35f-b5b7-4248-9bf6-a7a2d88536fc  [nfs:/nfs/vol2/share1]
  FileSystem 3 = b79fd75d-d56e-4bf0-a60c-93d992612003  [nfs:/nfs/vol1/share1]
そのNFSの管理サーバ(Admin Server)や、
マウントする Oracle VM Server(NFS Refresh Server)、
そのNFSサーバがエクスポートしているファイルシステムなどが見えます。

OVM 3 では、管理しているオブジェクトを
内部的には 名前ではなくID(UUID?)で管理していますが、
それを確認したい場合は、CLIを使用すると、比較的簡単に確認できそうです。

ちなみに、listコマンド、showコマンドでは
VMやネットワークの情報も見ることができます。
OVM> list ?
          AccessGroup
          Assembly
          BondPort
          FileServer
          FileSystem
          Job
          Network
          NfsAccessGroup
          PhysicalDisk
          Port
          Repository
          SanServer
          Server
          ServerPool
          StorageInitiator
          Tag
          VirtualCdrom
          VirtualDisk
          VlanGroup
          VlanInterface
          VlanSegment
          Vm
          VmDiskMapping
          Vnic
          VolumeGroup

OVM> show ?
          AccessGroup
          Assembly
          BondPort
          FileServer
          FileSystem
          Job
          Network
          NfsAccessGroup
          PhysicalDisk
          Port
          Repository
          SanServer
          Server
          ServerPool
          StorageInitiator
          Tag
          VirtualCdrom
          VirtualDisk
          VlanGroup
          VlanInterface
          VlanSegment
          Vm
          VmDiskMapping
          Vnic
          VolumeGroup
          YumConfig

ちなみに、OVM CLI でコマンドを実行していないと
900000ミリ秒(15分)で自動切断されてしまうのでご注意ください。
OVM> Received disconnect from 127.0.0.1: 2: User idle has timed out after 900000ms.
[root@ovmm31 ~]#

以上、OVM CLI へのアクセスでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿